液晶TVの液晶パネル交換!

生記事:液晶TVの液晶パネル交換
作成日:2010年3月20日

あらすじ

画像のは20インチの液晶テレビAQUOS LC-20B1です。
某オークションにて格安で出品されていました。
壁掛け用のテレビを使ってみたかった事もあり落札。
地デジに対応してないので2011年までのオモチャですw
ACアダプタ欠品・動作未確認の品。

しかし、手元に届いて動作させてみた所、
TV受信はできて音声も出るものの映像が出ないという状態であることが発覚。

しかしバックライトは他のインバータに繋いだ所、動作する事を確認。
インバータ不良?
要求13V 5.4Aに対して試用したACアダプタが12V 4Aの代物だったので電力不足も疑わしいです。

さて、どうしようか・・・・??
AQUOS LC-20B1

解決法模索

よく考えて音声まで受信できるという事は一応テレビとしての動作はしているワケですから電力不足が画のでない原因とは思えません。
そもそも電力そのものが足りていないのなら不完全といえど動作するとは考えにくいからです。

インバータ不良の線でもインバータがおかしいだけならハッキリ見えないまでもうっすらと映像が映るもんなんですがそれすら見えないのです。
液晶自体も割れている様子はないので内部の映像処理部分が軒並みイカれていると考えるのか自然か・・・?
AQUOS LC-20S2
AQUOS LC-20S2
そんな状態でいたある時、ハードオフで液晶割れのLC-20S2を発見!
同じ20型の液晶、もしかして・・・これにニコイチできるかも?

通常、液晶TVなどの家電の部品はその製品用に1つ1つ個別に作られる為、基本的に互換パーツとか交換用パーツなんて物はありません。
それに、同じ系統同じブランドの製品でもちょっと世代が違えば中身が別世界、なんて事はザラです。よく似た例だとデジカメとか。

なので普通は全く同じ型番でなきゃ手を出しづらいものなんですが、

今回は特別にw

シャープの液晶だったのが最大の要因。
シャープは液晶パネルも作ってるからおそらく同じ様な液晶を使ってるのでは?
というたったそれだけの安直な考えですが(´∀`;)

液晶パネル
左:LC-20S2のパネル 右:LC-20B1のパネル。
早速買って帰って分解してみると・・・

おっ!パネルについてるコネクタの位置や大きさ、形状が全部同じです!
これは予想大的中の予感。

とはいっても先ほど言った様に異機種のパーツはそのまま移植はできません。
この場合、それぞれのパーツが組み合わさるようにネジ穴とかがパネルの金枠に直接設けられてるためです。

なのでコレからさらにパネルを分解して割れてるカラーフィルター(バックライトを除いた黒い部分)のみを交換してみます。

交換施術開始!

LQ197V3FZ20G
LQ197V3FZ20G(LC-20B1)
交換は埃が内部に入ると映りに影響するのでお風呂場で作業します。
気休め程度でクリーンルームの様にはいきませんが普通の部屋よりマシです。

まず液晶の型番を確認。画像はLC-20B1の方。
やはり自社のパネルを使ってますね。
LQ197V3FZ50
LQ197V3FZ50(LC-20S2)
一方割れてるLC-20S2。
型番が似てます。
交換完了!
交換後
画像飛んでますが無事に交換できました。

なにせ埃が入らぬよう迅速に作業しなきゃいかんのでカメラなぞかまえてる暇がありません・・・。
交換後の残骸
交換後の残骸
そしてこっちは交換後の残骸たち。

さて、無事に交換できたのはいいですが問題はちゃんと映ってくれるかどうか。
液晶割れLC-20S2は手持ちの電源でバックライトがついてテレビ受信できることは確認済みです。

組み上げて電源を入れると・・・、
動作確認!
修理完了!
映りました!!

画面のはしっこにちょっとゴミがはいったのと一つドット抜けを見つけましたが特に気にならないです。
それとパネルの表面がツルツルしてるせいか画面に埃がつきやすいです。

輝度を下げるとインバータ鳴きするので輝度最大で運用中。
細かいことを気にしなければ全然使えます。

その後の経過

修理してから1年ほど経ちましたが、2010年2月現在特に問題なく動いてます。
修理直後にはACアダプタの容量不足からか電源が入らなくなることがありましたが今は安定しています。
壁掛けで使ってみたいと書いていましたが修理して以降、未だに壁掛けにしていません。やろうとすると結構面倒なんですよね^^;
現在はPS2用&雑用モニタとして大活躍中。
液晶は軽いので持って運べるのが便利ですよね〜。

とりあえずは地デジ完全移行まで遊べそうです^^b