画がでないカメラを修理せよ!

生記事:ネオ一眼再びS3IS試写
作成日:2010年3月20日

あらすじ

ある日、ヤフオクでジャンクなデジカメを買ってしまいました。
CanonのPowershot S3ISです。手数料抜きで3000円也。
ワイコン取り付け部のリング無し、レンズキャップ無しで撮影すると真っ暗な画像である、というジャンク品です。

出品者曰く"液晶モニターに映る画も撮影画像も真っ黒"という事なので買おうか少し迷いましたが、"真っ暗な画像が撮れるならとりあえずCCDは壊れていないんじゃないか?"と思ったので落札しました。
それにこの機種はスーパーマクロ機能(接写0cm)と光学12倍ズームを装備し、その上動画はステレオ音声で記録可能という高機能機種です。

これは直せればとてもおいしそう(´∀,`)ジュルッ
PowerShot S3 IS

症状確認

そもそも画が真っ暗になる原因がCCDがではないと思ったのは猫さん。がPowerShot S1ISを所持していたからです。
S3ISの前身であるPowerShot S1ISという機種はCCDの不具合が確認されており、メーカーからリコールの対象になっています。
猫さん。のS1ISもCCDの不良が発生してメーカー送りになるという事があったのです。
CCD不良
S1IS CCD不良時の画像
そのCCD不良が発生した時に撮っておいた写真が左の写真です。
帯状にノイズが走りまともな画像ではありません。
レンズを塞いで写してもこの画像が撮れるのでCCDが壊れるとこういう画像が撮れるものなのだろうなと思ったからです。

それに今回買ったPowershot S3ISはこのリコールの後作られた機種です。
まさか後継機種で同じ問題は起きないだろうという憶測もありました。

今回のS3ISは真っ黒な画像が撮れるという事でシャッターなどの他の機構が故障してるのだろうと思いますが・・・。
シャッター幕
S3IS シャッター幕
まず電源を入れて状態を確認してみます。
画面はエラーなく正常に表示されズームも正常に機能しているようです。

次にレンズ内のシャッター幕が開いているかどうか確認してみます。

・・・

幕が閉じてる様に見えますがよくわかりませんね・・・。
シャッター幕
S1IS シャッター幕
そこでシャッター幕が正常なS1ISと比較。
さらにシャッターを切ってみてちゃんと幕が閉じるかどうかも確認。

するとS3ISのシャッター幕はピクリとも動かず。
どうやらシャッター幕に異常があるのは間違いないようです。。

修理開始!

レンズユニット
レンズユニット
原因が分かったので早速分解!
画像が飛んでますがレンズユニットまで分解しました。
デジカメとは思えないほど大きさです。

ココまでかなりの数のネジを外しました。
部品数の割にネジが多いですこのカメラ。

なんか後が恐い・・・。
ユニット分解
レンズユニット分解後
シャッター幕の所までまだまだ分解していきます。
ここから先はお風呂場で作業。

ちなみにお風呂場で作業するのは埃を避ける為です。
ですが現実的な話、あまり意味ないかもしれません。。。
なのでいつも気休め程度にお風呂場は利用しています。

しかしこのユニット、部品数が多い。
後でちゃんと元に戻せるか心配です・・。(・ω・`;)
シャッター幕
固まったシャッター幕
そして問題のシャッター幕。
よく見るとシャッター幕に何やら白い糊の様な何かが付いている様に見えます。
グリスかな?

手でを幕を動かしてみますがもっさりとしか動きません。
ここからさらに分解して幕を水で洗ってみます。
そして洗ってから元に戻してみるとスムーズに動くようになりました。

他に異常らしきものは見つからなかったので元通りに組み立て直していきます。
組み立て後
レンズユニット組み立て後
レンズユニットを組み立てた後です。
写真だと早いですが実際には2時間くらいかかっています。

慣れると5分とかからず組めるんですけどね。
組み立てた後に指紋がついてるのがわかったり、水とか埃が混入したり。。。
おかげで再分解と組み立てを何度も繰り返しました(´Д`;)

このようなトラブルを避ける為にも手術用の手袋みたいなのが欲しいですね。
修理完了
開 眼 ! !
とかなんとか思ってる間に組み立て完成!
早速電源を入れてみると・・・・

おぉ!ちゃんとシャッター幕が開いていますね。
シャッターより奥にあるレンズがちゃんと見えます
動作チェック
液晶、動作チェック
液晶映像を確認してみるとこの通りしっかり映っております。
撮影してもちゃんと写る様になっておりカメラとして使える様になりました。
CCDにも不具合は無くその他の部分も問題なく使用できる様になりました。

これにて無事に修理完了です^^
締め忘れ
取り付け忘れた部品たち
しかし一方でやはり恐れてた事が・・。
バネとかネジが余ってしまいました・・。。。

ちゃんと部位ごとに分けていたはずなのですが、どうして・・こうなった?
付け直したくてもどこの部品か分からない。。。

これじゃ全然"無事"じゃないですね・・・^^;
※後日、再分解して取り付け直しました。

余談

直してから使ってみましたが、このカメラすばらしいです。
まず、映像エンジンにDIGIC兇使われているので起動やAFなどのレスポンスは速いです。
S1ISからですがズームモーターがUSMなのでズーム時の動作音は皆無で、そのせいか動画の撮影中でもズームさせる事が出来る様になってます。

動画面でもよく考えられていて、動画撮影中にズームが出来ると言いましたがAFも撮影中に働くので被写体の状態を気にせず撮る事が出来ます。
ステレオマイクが装備されているので臨場感ある録音が出来ますしSDHCカード対応なので容量や時間、カードの速度による制限もありません。
以上の様に本当に動画用カメラとして使っても遜色無い機能がそろっています。
この高機能ぶりもはやコンデジとは思えないですね。

後、DIGIC凝觝椶箸い事なので「CHDK」が使えるんですよねこのカメラ。だからコンデジなのにRAW画像だってバシバシ撮れちゃいます^^
なので今現在Powershot G2に代わって猫さん。のメインカメラとして大活躍中です。

という訳で基本的に分解しただけで直ってしまったのでとてもおいしいお買い物でした(´∀`*)