HTML5アニメが書けるという「Adobe Edge」を使ってみた。

2011年08月01日(月)

本日、Adobeさんより面白そうなツールが公開されました。
名前を「Edge」と言いましていまいちどう読んであげたら良いのかわかりません。
え、江戸ジェ・・・?

中身はHTML5の編集ツールとのことですが、HTML5そのものを書いていくツールでなくHTML5で使えるアニメーション部分を書いていくツールだそうな。

特にサイトにアニメ効果が欲しい!HTML5化したい!とかそういう欲はないのですが今はβ版で無料で入手できるとの事なので試しにインストールして使ってみました。

 

Edge
[ Adobe Edge動作画面 ]

見た目も操作した感じも同社のAfterEffectsとよく似ています。
といっても猫さん。は体験版しか触れたことはありませんがw

始点と終点を決めて歪ましたり跳ねさせたり回転させたりしてアニメを構築していく様です。
動的に透明度を変えたりすることももちろん可能です。
動画はわかりませんが画像がインポートできるのでやろうと思えばパラパラ漫画も作れますね。

アプリの動作が軽くて動画編集と比べるとテキストエディタを弄ってるのか?と錯覚する程です。
なんか作れそうだったので自分でも軽く試作してみました。超適当ですがw
https://garagefactory.net/lab/AE/test.html

 

AdobeはHTML5が登場した当初、HTML5がFlashに置き換わることはない、と強気の姿勢を示しました。(今もその姿勢は変わっていないようだが)
だからてっきりこんなツールを出してくれるとは夢にも思わなかったのでAdobeさんってツンデレなんだなぁ〜と心の底から思ってしまいましたね。

ほんのちょっと触っただけでホントに簡単に作れてしまったので、この「Edge」はもっと知れば利用次第でHTML5だけでなく動画素材作成にも使えてしまうかもしれないです。
後々のバージョンアップで動画へのエクスポートや連携の機能は・・・たぶんつかないんだろうなw

かつてInkscapeでSVGの存在と可能性を知ったときバージョンアップしてアニメを作れる様になるかもと妄想したけど、猫さん。的にはこの「Edge」で結構満足しちゃってるかもですw

販売される様になったら何かのアプリに機能として吸収されるのか?単独で発売されるのか?
とにかく興味持った人はダウンロードしとけ!Mac版もWin版もあるぞ!

 

こういった話は今後続くかもしれないのでカテゴリを増やしておきます。

なお、この記事はMarsEditを使用して編集しました。
使いやすくていいね!コレ!


タグ: / /

関連: 関連する記事はありません

- コメント -

  • Comment from 匿名

    エッジですな。

    2012年08月14日(火)16:33
  • Comment from 猫さん。

    はい。エッジでした。

    2012年08月19日(日)15:20

- トラックバック - この記事のトラックバックURL