ついにデジタルな一眼を手にする!

2012年04月18日(水)

前回の記事にもちょっとだけ載せましたが、

EOS Kiss Digital
[ EOS Kiss Digital(初代) ]

やっとデジタル一眼を手に入れました(´∀`*)

ハードオフにて4k円というナイスプライスで出てたので迷わず捕獲。
有効630万画素、初代Digic、CF装備と現行機からしたら見劣りしまくりですがデジイチというジャンルなだけでなかなか出てきてくれないので見つけた瞬間に手が出ちゃいました。

買ったのは先々月末なのですがレンズやらバッテリやら買い揃えて遊んでいるうちに書くのがだいぶズレこんじゃいましたw
ちょっと弄り込んじゃったらもう楽しくて楽しくてw

ついでにレンズもジャンクな28-80mmを捕獲。
身内が40Dを持っていたのでバッテリを借りてKissDの動作を確認。
センサが派手に汚れてるかなと思ったら外装に傷があるだけでセンサは至って奇麗、ファインダはちょっとゴミあるけど動作も問題なしでした。

 

ジャンクレンズ
[ ジャンクレンズ3連 ]

自分用のバッテリをAmazonで注文している間にさらにヤフオクにて18-55mm ISと70-300mm(両方とももちろんジャンク品)を捕獲。
とりあえず今まで使ってたPowerShot S3ISの撮影領域をカバーする気で18〜300mmの代物をザッとあさって来た次第です。
この3本買っても3000円しないくらい。安いすなw
といっても内部線が切れてたり汚れてたりしてロクでもない状態でしたが。(無論、自前修理済み)

ちなみにレンズを買うにあたって猫さん。は全く知識のない状態だったので倍率の話とか焦点距離の話とか35mm換算の話とか目から鱗が落ちまくりだったとかそうじゃないとか。
そりゃコンデジにしか触れてない時は倍率にしか目が言ってなかったものね。仕方ないね。。。
ちなみにS3ISの焦点距離はAPS-C換算で22.5〜270mmだそうです。

 

まっ、そんな話はともかく。
道具が揃ったところでKissD、と言うよりデジタル一眼を使ってみた雑感。

[words]
[ EOS Kiss Digital + 18-55mm IS ]

もうね、黒が綺麗!すんごく綺麗!!

まず第一声がそれ。

今までのいわゆるコンデジだと黒いものを撮影しようとするとデジカメが勝手に露出を上げて白っぽい画像になったりシャッタースピードが落ちて使いものにならない画像が出来上がったり。
しかし上の写真の通り、一眼だとコンデジほど派手に白く飛びにくい様です。(写真補正なし)
たとえ画が白くなったとしてもそれを調整する露出補正って機能があるワケなんですが、今まで意味分かってなくて使ってなかったとか(´・ω・`)

あとは好感度撮影でのノイズの少なさ。
上の写真はISO1600で撮りましたがS3ISでのISO200か下手したらISO100並みに画が綺麗。
最大感度なのでよく見るとノイズっぽいのがいっぱいありますがコンデジだと感度を1段階上げただけで偽色祭りになりかねません。
それに対してこれほど低ノイズだとISO使用への敷居が一気に下がりますね。

被写体の輪郭に現れる偽色も目立たなくて滑らかで綺麗な画像に仕上がってます。

 

ちなみにS3ISとKissDでどれほどノイズ差があるのかというと・・・・。↓

S3IS+CHDK EOS Kiss Digital
[ 左:S3IS+CHDK 右:EOS Kiss Digital+18-55mm IS (クリックで拡大) ]

上はノイズの目立ちやすい黒物をS3ISとKissDで撮り比べたものです。
ISO値800(S3IS最大)、露出補正フラット、絞り開放、WBオートでの比較。
ちなみにノイズ量を比較しやすいようにS3ISには現像ソフトでの明るさ、露出、WBの画質補正が結構かかってます。
KissDはアス比をあわせる為のトリミング以外の補正はなにもしていません。

こうしてみるとS3ISではノイズが怖くて使いづらかったISOもKissDでは800まで上げて撮ってみてもノイズがあまり目立ちません。
両者とも画素数的にはほぼ同等、S3ISのほうが年式も新しく映像エンジンDigic2なども搭載されているのでそこそこ頑張れるかと思いましたが初代Digic搭載のKissDよりも明らかにノイズ(偽色)が目立ち荒々しい画質となっています。

それでもISOを800まであげてここまでの画質を保てるのなら優秀な部類だと思います。
しかしそれでも面積比で10倍以上あるセンササイズの差が表れてるのでしょうかね。

比較的明るい場所で撮り比べたので暗い場所で撮影しなおしたらもっと顕著な結果になるかも。

 

ということで以上比較してきましたが、まだ一眼だけではまかないきれない部分があるのでS3ISの幕はある、と思います。
確実に出番は削られるでしょうが。

かつてCHDKでRAWが撮れるようになった時にこれでもう十分とか思ってましたが、今回CHDKだけでは乗り越えられない壁があると解ってよかったです。ほんと。

これでまだまだ遊べるね。ウヒヒw

 

雪月
花


タグ: / / / / / / /

関連: 【 2011年度を総ざらい】 【 ロシア発のDigic hackウェア、「CHDK」を使ってみました】 【 S3IS試写】 【 ネオ一眼再び

≪≪ 古 ≪≪

- コメント -

  • Comment from こりん

    レンズ50mm単焦点おすすめですよ
    新品でも一万しないけどめちゃめちゃいいレンズです
    画角が80mmの中望遠になってしまいますがポートレートにおすすめです

    2012年04月19日(木)07:45
  • Comment from 猫さん。

    Colinさん、どうもです。
    単焦点の中でも50mmは安いですね〜。
    単焦点も一本は欲しいのでいいの見かけたら買ってみます。
    今の理想を言うとホントは35mmあたりが欲しいのですけどお布施額が一気にすごいことになりますね。。。
    なぜ安いのが50mmだけなんでしょう??^^;

    2012年04月20日(金)18:26

- トラックバック - この記事のトラックバックURL