Google日本語入力とChrome for Macを試す!

2009年12月11日(金)

本当はSnowLeopardサードインプレッションを書くつもりだったけど気がついたら期間が空きまくった上にネタも定まらなかったので最近話題のGoogleさんの事でも書こうかと、

ということで数週間ぶりの更新。

近頃のGoogleはなんかスゴイ勢いでオープンなソフトウェアを出しまくってますね。
聞くところによるとOSにまで手をつけだしたとか。
今回はその中でも面白そうなGoogle日本語入力とGoogleChromeを試してみました。

先日何気なくGoogleのトップページに行ってみたら、

google chrome

いつの間にかMac版のChromeが出来上がっていたみたいで早速飛びつきました。(ベータですが)
Chromeはいつも使用ブラウザの4、5位くらいにいるので前々から気にはなってました。
ほんの一年ほど前にリリースされたばかりにも関わらず利用者が予想以上に多いんですよね。

 

実はWindowsの方ではコッソリ試していました。
ページの表示などはキビキビして軽い感じがして特別悪い印象は持たなかったのですけど、使っててなんか変な違和感があって常用したいとは思う程ではありませんでした。

まだベータということでかFireFoxなんかに比べていじれる部分が少なかったせいでしょうかね。
なんかこう、いくら使ってても馴染めない感覚がありました。

でもMacでは常用ブラウザを探してた事もあってMac版があったら使いたいなとは思ってました。

MacにはSafariがありますがブックマークは画面切り替え表示だったりボタン類がAquaデザインだったりするのが嫌だったのでハナから使う気がおきませんでした。
HTML5を駆使したオープニングムービーは惚れましたけどw

少なくともあのブックマークの使いづらさはなんとかして欲しいよねー。

 

Google Chromeと、いうことで早速インストール。

動作はWindows版同様軽いんですが若干遅い印象。

ただもっさりというよりゆったりという感じ。
遅い感じは受けますがなんかマイペースな遅さです。
あまり不快には感じません。

使ってみた感じはWindows版よりずっと使いやすいです。
OSXのUIのシンプルさやフォント類が大きく見えるせいでしょうかWindows版の時の様な違和感は感じません。

それどころかそのシンプルなウィンドウデザインはOSXに合ってるとすら感じますね。
デフォルトのボタンの数はSafariのそれよりも少なく簡素です。

このシンプルさに猫さん。はSafariよりもアップルを感じてしまいましたw

Windowsで違和感を感じてしまったのはそのUIが簡素すぎたからかもしれません。
Windowsではちょっとくらいゴチャゴチャしてる感じのがUIちょうど良いのかも。

 

 

SafariとChromeのブックマーク表示は似ているのですがSafariと違って画面切り替えをすることなく小ウィンドウで表示されるのでSafariよりずっと使いやすい。
ブックマークはやっぱ左サイドバーでみたいなという心理がありますが現状では設定変更がないみたいで細かいカスタマイズは出来ませんね。とりあえず更新を待つしかないか・・・。

サイドバーが表示されるようになったらWinampみたくウィンドウがくっついたり離れたりできるのがいいな。
それなら右左問わず使えて便利です。
 

実際使用にあたって特別な不具合はないです。
しいて言えばJAVAが動かないくらいだけど対応するJAVAないので仕方ないよな・・。
が、ベータ版であるせいか設定出来る項目が非常に少ないです。

Chrome フォント設定特にデフォルトのフォントが見づらいフォントを使っていたのですが設定項目がグレー表示になってて設定できず・・。

Osakaフォントに慣れていたので見づらくてしょうがない。
なんとかできないかと探してみたら以下のサイトがヒット。

 

Chrome for Macのフォント変更 | MacBSの日常生活的日記

 

上記のサイトを参考にして設定ファイルを直接いじることでフォントの種類とデフォルトフォントサイズを変更できました。

注意:上記のサイトで紹介されている設定コード文をそのままコピーすると一部全角文字が含まれているので正常に変更が適用されず設定が初期化されてしまいます。
編集環境にもよると思いますが全角文字が含まれていないか注意が必要です。特にダブルクォーテーション( " )が怪しいです。(miのRoman半角変換が効かないのがあった)

 

他にもコード終了用のカンマ( , )も省略されてるみたいなので注意です。
猫さん。の追加設定コードは以下の様になりました。

"webkit": {
   "webprefs": {
      "inspector_settings": "lastActivePanel:string:elements¥n",
      "default_fixed_font_size": 16,
      "fixed_font_family": "Osaka",
      "sansserif_font_family":"Osaka",
      "serif_font_family": "Osaka"
   }
},

 

以上でだいぶ見やすくなりました。
早く開発が進んでGUIで設定変更できると良いですね。

 

あと設定の話じゃありませんがChromeでFCKeditor(for Wordpress)を使う際に注意が一つ。

それは画像にリンクを追加する場合にFloat(回り込み)の設定をしない事。
Floatの設定を先(同時)に設定するとリンク設定ができずFCKeditorの挙動がおかしくなります。

Floatの設定をしたいときはリンクの設定が終わってから改めて設定すること。
リンク設定後なら後は通常どうり動作するみたいです。

同じWebkitを使ってるSafariでも同じ現象出るかも?

 

FCKeditor

少々メンドクサイけどFireFox2とかでのリターンキーを押すとOKボタンまで押されてしまう現象よりずっと良い。
これで日本語が入力しやすくなりましたw

FireFox3ではなぜか改行できんし。
もうFireFoxなんて知らない!ヽ(`Д´#)ノ

 

 

 

 

ほかにもこまかなバグはありますが使用上で問題は全然ございません。
OSXでの常用ブラウザ決定です^^

正式版が楽しみですな。

 

 

続いてGoogle日本語入力。

リリースされた直後から話題な日本語入力。
猫さん。ことえりとかATOKとかにあまり興味ないのですがこいつには惹かれましたw

これはもう実際に見てもらった方が早いでしょう。

※元のファイルはかなり解像度がでかいので元の大きさで見たいときはこちら

QuickTime Xで撮ってみました。
生ファイルのまま使えちゃいますよ〜これ便利だな〜。 
詳しいレビューは後日に。

 

いや〜Google日本語入力、

 

笑えますねw

 

おそらく検索エンジンのデータベースを使ってでっち上げたんでしょうけど、あの予測機能、

固有名詞や専門用語に特化しすぎですw

変換しながら笑うとか、ないわw
とりあえず技名が出てくるのは勘弁してくれww

 

本当に専門用語を検索したいときとかは良いんでしょうけどニッチな候補が結構上位に表示されるので本当に必要な用語が欲しい時は必要ないかもしれませんね。
実際この文章書いてる時にはあまり役に立ってませんw

まぁこの予測変換的な機能は基本的に入力方法が豊富なPCではあまり需要ないかもしれませんね。
設定で無効にすることもできますが、変換した内容は記録されます。
再変換時にはそのワードがトップに来るようになるので使い込んでいけば自分色の便利な良い機能になるかもしれません。

 

現状、特に不具合なく使えていますがいくつかOSX標準のことえりと違うトコがいくつかあります。

わかってる問題は以下の通り。

・パスワード入力などで間違って日本語入力をしてしまった場合、その変換記録が残る。
Windowsではパスワード欄を入力するときは自動的に半角英数入力に切り替わりますが、
Macでは自動では切り替わりません。
なので間違って半角英数化しないまま入力するとその変換記録が残るのでちょっと危険かと。
まぁこの記録機能は設定で無効にできるのでそこまで心配するほどじゃないです。

・control+Aによる半角英数化ができない。
OSXに標準で入ってることえりでは日本語で入力してもcontrol+Aで半角英数化することができて便利なんですがどうもこのGoogle日本語入力はそれができないみたい。
ファンクションキーでの変換は効くのでそっちで代用する必要があります。
入力切替のキーボードショートカットはことえりのままです。

 

・部分変換が弱い。
標準のことえりでは例えば「にほんご」というワードを変換させようとすると変換の区切りが「にほんご」の全体が基本で変換項目を下げていくと候補が「にほん」と「ご」に分かれるようになりさらに下げていけばもっと分岐します。
Google日本語入力ではこの分岐が起こらないみたいなのでちょっと使いにくいかも。
ちなみに最初の単語単位での分岐はあります。

Google日本語入力 インストール

・64bit環境ではインストールできない
SnowLeopardを64bitカーネルで動作させているとインストール時にintelCPUではないと警告が出てインストールさせることができません。

インストールする時には32bitカーネルに変更してからインストールする必要があります。

インストール後は64bitでも使用可能です。
どこかで64bit版は別途開発中らしいと聞いた気がしますがOSXでは必要ありませんねw

 

以上、こんな感じです。

 

いあ〜Google Chromeも日本語入力もベータ版ながらすごいですね。
オープンソースで作られているわけですから将来的にも(多分)フリーで使えるようになるでしょうしこれからもっと進化出来るのびしろが残されてるんですから期待せざるをえませんね^^

久々に良いフリーウェアに会った気がした猫さん。でした。


タグ: / /

関連: 【 Chrowety UJP Customの現状と今後】 【 Chrowety 非公式日本語改造版、さっそくアップデート!

- コメント -

  • Comment from yuking

    検索でたどり着きました。
    今日chromeをインストールしてみて、まずフォントがすべて明朝体で表示されるのが嫌で、変更方法がないものかと試行錯誤し、上記の設定方法を試してみたのですがうまくいかないのです。。。
    全角/半角も確認しましたが、何がいけないのでしょう〜追加する位置とかでしょうか。
    突然で申し訳ないのですが、何かアドバイスをいただけないでしょうか。お願いします。

    2010年01月24日(日)00:41
  • Comment from 猫さん。

    ちょっと長くなったのでメールさせていただきました。
    ご確認ください。

    2010年01月24日(日)06:40
  • Comment from ちまめ

    猫さん。はじめまして!
    私もフォントの変更がしたくて猫さん。にたどり着きました。
    しかし上記の方と同じく、追記する場所に問題があるのか、
    色々トライしてみたのですがうまく行きません・・・。
    もしよろしければ、私にもアドバイスのメールをいただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。

    2010年01月27日(水)20:48
  • Comment from 猫さん。

    ちまめさん、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    先ほどメールさせていただきました。
    ご確認ください。

    2010年01月27日(水)21:51
  • Comment from sa

    フォント変更をいろいろやってみたのですが、上手くいきませんでした。お手数ですがメールにてアドバイスいただけないでしょうか?

    2010年02月03日(水)23:30
  • Comment from 猫さん。

    saさん、初めまして。
    先ほどメールさせていただきました。
    ご確認ください。

    2010年02月04日(木)08:47
  • Comment from kentaro

    猫さん、初めまして。古いブログのコメントで申し訳ありませんが、私にもフォント変更のアドバイスをいただけないでしょうか?環境はwinXPとchrome5.0です。

    よろしくお願いします。

    2010年07月19日(月)10:57
  • Comment from kentaro

    ↑メールアドレスに誤りがありました。すみません。。。

    2010年07月19日(月)10:58
  • Comment from 猫さん。

    kentaroさん、どうもはじめまして。
    GoogleChromeのフォントの件についてですがVer5.0をお使いならオプションから変更できませんか?

    オプションの[高度な設定]タブの中に”ウェブコンテンツ フォントや言語を変更”という項目があると思います。

    先ほど同様の内容のメールを送らせていただきました。

    2010年07月19日(月)11:17

- トラックバック - この記事のトラックバックURL