「Chrowety UJP Custom」に名称変更いたしました

2010年05月19日(水)

またまたマルディアス

もとい、

またまたChrowety。

という事でまたしてもChrowetyアップデートネタです。どうも猫です。

前回のアップデートを終えてとりあえず使う分には問題なくなったかな?と思っていたのですが、色々と情報を集めたり自分で使っているうちにバグと思える要素ちらりほらりといくつか見つかったので今回のアップデートとなってしまいました。。。

 

今回の主だったアップデート内容は以下の通り。

・今までデスクトップアラートの表示の一部が文字化けしていた現象を解消。
・非公式RTを使った時にin_reply_to情報を付加。同時に名称をQTに統一。
・Ver.0.1.0時から出来なくなった公式RT機能が復活。
・Ver.0.1.0時からあったリプライや非公式RT時に二重投稿になってしまう不具合を修正。
・ポップアップアラート時にサイトのスタイル(CSS)が崩れてしまう不具合を修正。
・「Chrowety UJP Custom」として正式にTwitterに登録。

などなどと結構多めです。

 

今回のアップデートのきっかけは公式RT、非公式RT、QTという用語。
先日この用語とその機能に関して色々と議論されてるサイトをいくつか見ました。
実はリツイートに関してあまり知識が無かったのですがそれらの情報を簡単にまとめてみると、

[公式RT]
いわゆるリツイート。
Twitterのページで他のユーザーの発言に対してワンクリックで出来るのがこの機能であり、非公式RTやQTの様に自分のコメントを付加したり編集する事が出来ない。リツイートの最も基本的な形。

[非公式RT]
公式RTの大元。
ただし文中にRT @発言者名+元の文章が入るだけで実際は普通の投稿と同じ。
なので公式RTやリプライの様にどんな投稿に対しての返信なのかの情報やリンクが基本的に無い。

自分のコメントを付加した非公式RTも存在し、その場合は引用とも言われる。
今現在、多くのクライアントソフトでこの機能が実装されている。
※一部のソフトでは情報やリンクを付加してくれるものもある。

その形式のわかりやすさからかリプライ(返信)よりも"返信"という意味合いで多く使われる事が多いが、先ほど述べた様に引用元に関する情報が少ない。
その為、やり取りが長くなるとTwitterの140文字の制限もあってか元々が誰の発言だったか始まりはどこからか?などの情報が不明確になったり内容が改ざんされてしまう事がある。
よく議論されていたのもここら辺の話。

[QT]
略さず言うとQuote Tweet。引用つぶやきの意。
文を引用した上でコメントつけるのは非公式RTと同じだが"RT"と言う用語の元が"Retweet"である為コメントつきならば用語は変えた方が良いだろうという事で生まれた用語。
まとめると非公式RTをQTと言い変えただけとも言える。
仕様はクライアントソフト任せなのでそういう意味では非公式RTと変わらない。

ちなみに日本生まれの用語なのでQTは日本独自の用語だったりする。

 

という感じらしいです。
元々RT(両方)もQTもTwitterから生まれた機能じゃあなかったんですねぇ。

で、それらの議論で特に惹かれたのが「どんな投稿に対しての返信なのかの情報が無い」の部分。

一つの話題でやり取りが長くなればTwitterの特性上、最初の方の文章は端切れて見えなくなる。
なのに元の話につながる”足跡”の様なものは最初から無い。

という事。

 

そりゃ困るだろう

 

何が困るって単純に人の興味として連続した話の続きや発端は見たいものです。

じゃあ"足跡"くらいはあったっていいじゃない。

そう思ったのでそれが今回のアップデートの理由です。
そんな訳で前置きが長くなりましたがアップデート内容の詳細は以下の通り。

 

■今までデスクトップアラートの表示の一部が文字化けしていた現象を解消。
基本にして王道。実は今回名称を変更したのはこれが原因。
デスクトップアラートにはそれ専用のAPIが使われており、そのAPIではどうしても日本語が正常に表示できなかったので今回の名称変更となってしまいました。

■非公式RTを使った時にin_reply_to情報を付加。同時に名称をQTに。
今までの非公式RT機能と違ってin_reply_to情報を付加しているのでリプライと同様に発言元のリンクが表示される様になるので連続した会話がたどれるようになりました。
編集時に"Q"を"R"に変えればRTとしても投稿できます。(in_reply_to情報付き)

QT

■Ver.0.1.0時から出来なくなった公式RT機能が復活。
公式RT機能これは猫さん。自ら作ってしまったバグの修正。
本家Chrowetyでは内容を変更せずに[Retweet now]ボタンを押すと公式RTとして投稿できたのですが、かつての猫さん。はそんな事は知らず勝手に削除していました;

今回のバージョンより復活し、ボタンをわかりやすい位置に移動させました。

■Ver.0.1.0時からあったリプライや非公式RT時に二重投稿になってしまう不具合を修正。
これも猫さん。自らtk(ry
短時間での連続投稿をすると同じ投稿が2回されてしまう不具合があったのでそれを修正。
どうも非公式RTを編集する部分の改造の仕方が悪かったみたいです。。。
今までの使い勝手を変えない様に不具合を修正しました^^;

■ポップアップアラート時にサイトのスタイル(CSS)が崩れてしまう不具合を修正。
こればっかりは元のChrowetyからある不具合。
ポップアップアラートで新着通知があるとサイトの中のBRタグにClear:bothが付加されてサイトデザインが崩れる事があったため影響が出ない様に修正。
なぜBRタグにClear:bothが設定されていたのかは謎。。。

■「Chrowety UJP Custom」として正式にTwitterに登録。
ある意味本家からの独立。
今までは本家と変わらずTwitter上の情報では「Chrowety から」と表示されてましたが今回のバージョンより別アプリケーションとしてTwitterに登録しました。
これにより投稿すると「Chrowety UJP Custom から」と表示される様になりました。
アプリケーション名としてはおそらく他のアプリよりかなり長い。でもそれが良いじゃない。

 
↑拡張機能上での表示 Twitter上での表示↑

 

と、以上このような感じです。
今回、不具合修正以外はリツイート関連の改造が主な内容となりました。
今までで一番ディープな弄り方したかな?

今回、RT部分を弄ると同時にChrowetyにおけるいくつかの仕様が見つかったのでそれもご紹介。

[Chrowetyを再起動するとChrowetyでは公式RTの解除ができなくなる]
 Chrowetyでは公式RTを行える機能がありますが、この機能を使った後に何らかの方法でChrowetyを再起動させると投稿の表示が機能を使う前のものに戻ってしまい解除できなくなります。
機能を使った直後なら解除させる為のリンクが表示される為Chrowetyでも解除する事が出来るのですが、解除できなくなると公式サイトにログインして解除する他ありません。

ちょっと調べたところ、APIにリツイートに関する一部の情報が無い為(?)に起こるっぽいです。
まあ、Twitterでの発言は流れていってしまうものですしわざわざ解除する事も少ないでしょうから実害は少ないのでしょうけどなんか面倒な仕様です。

[公式RTがされている発言にリプライやQTをしてもin_reply_to情報が付加されない]
自他問わず誰かが公式RTした発言(文頭に専用のアイコンが表示されます)に対してリプライやQTをしてもin_reply_to情報が付加されません。
色々と弄くってみましたがどうやってもin_reply_to情報を付加させる事が出来ませんでした。

編集リンクなのでここでの編集リンクは特別に(in_reply_to情報があるQTと区別させる意味でも)非公式RTをひっそりと存在させております。
リプライのリンクもありますがもちろんin_reply_to情報は付加されません。

正直、最後の最後まで編集リンクを表示させようか悩みました。
公式RT機能ならば一応正常に働きますし、公式RTされてる発言に対してリプライや非公式RTするって言うのもなんか変かな?と思いますし。

でも、する人もいるよなぁとか考えたら表示させておいた方が良いかと思ったので表示させました。
なんとかしてin_reply_to情報の付加ができるならやりたいですね、この部分。

[リツイート解除後に編集リンクが変わる]
これもかなりのレアケースなんですが、
誰かに公式RTされている発言に公式RT機能を使った直後、その発言に対して公式RTの解除を行うとその後表示される編集リンクが本来と違う表示がされてしまいます。

"公式RTされている発言"の編集リンクなので本当なら"返信 or RT"と表示してほしいのですが、解除後は通常投稿のものに変わる様に設定しているので"返信 or QT"となってしまいます。
かといって解除後の設定を"返信 or RT"に設定すると、今度は通常投稿の方がおかしな表示になってしまいますのでとっても悩ましいです^^;

やはり"公式RTされている発言"では編集リンクは表示させない方がいいのか?
そもそもリツイート解除後にその発言に対してリプライ(RT)ってレアなケースだよなぁ・・。

などなどと、ここら辺の処置は色々と検討の余地がありそうです。

 

とまぁ、そんなこんななアップデートでした。
お話がかなり長くなりましたがダウンロードは以下からどうぞー。

 

DownloadsGoogleChrome extentions

 

最後に、今回のアップデートでQTにin_reply_to情報が付加された事でQTの公開範囲はこれまでの非公式RTより狭いものになります。
扱い的にはリプライと同じになりますので公開範囲もリプライと同じ、自分と投稿先のユーザーをフォローしているユーザーにしかタイムラインでお知らせがいきません。
これはTwitter側の仕様なのでクライアント側ではどうしようもないのです。(´д`;)
※しかし検索にはしっかりと引っかかる。

今回はin_reply_to情報を付加させるだけで手一杯でしたが、将来的には用途別に使い分けられる様に付加するか選択できる様になっても良いかもしれませんね〜。

それではまた次回に^^/


タグ: / / / /

関連: 【 Chrowety UJP Customの現状と今後】 【 Chrowety UJP Custom Ver.0.2.4 リリース】 【 Chrowety UJP Custom Ver 0.2.3 リリース】 【 Chrowety UJP Custom Ver 0.2.1&Ver 0.2.2 アップデート】 【 Chrowety 非公式日本語改造版、さっそくアップデート!】 【 Chrowetyを勝手に日本語化改造してみました

- コメント -

  • Comment from 利用者

    ハッシュタグを何個か登録し
    選択すると文末にポッっと追加されるような機能はつけれませんか?
    ハッシュタグっていちいち打つの結構めんどうなんです。
    おねがいします。

    2010年06月09日(水)17:30
  • Comment from 猫さん。

    ご要望ありがとうございます。
    ハッシュタグに関わらずなにか定型文の様なものを複数登録して使える様にする機能は以前から考えておりました。
    ご希望に添えるものに仕上がるかどうかはわかりませんが実装を考えてみたいと思います。

    2010年06月09日(水)18:42
  • Comment from 利用者

    実装ありがとうございます。
    これからも頑張ってください。

    2010年06月13日(日)11:32
  • Comment from 酔う

    デスクトップアラートは、たまに上下に揺れる(一番上のアラートの大きさが大きくなったり小さくなったりして)ので見ていて酔います、MacBookの方に入れているのは揺れないので、バグかな? iMac 27インチで揺れて(毎回じゃないけど)

    2010年08月22日(日)01:27
  • Comment from 猫さん。

    ご報告ありがとうございます。
    デスクトップアラートはオリジナルの頃から手をつけていない部分なので何ともいえませんが、お使いのiMacで症状が出てMacBookの方だと異常が見当たらないという事はiMac側に駐在させているソフトウェア(ガジェットなども含む)などが影響しているのかもしれません。
    もしくはiMac側で何かを設定していてMacBookの方では設定していない事などはありませんか?そういった点から見直してみるのも手かもしれません。

    ちなみに自分の環境(Mac mini late2009&10.6 Snow Leopard)ではアラート表示がブレたり揺れたりする類いの現象は今現在まで確認できていません。

    2010年08月23日(月)00:43
  • Comment from pura

    DMボタンを押下したとき表示される入力欄上の[特殊文字][定型文]ボタン上の表示が文字化けします。報告まで。

    2010年08月31日(火)12:05
  • Comment from 猫さん。

    Google Chromeの文字エンコード設定で[ 自動検出 ]が有効になっていますか?
    この機能を有効にした状態で特定の箇所が文字化けする現象は今のところ確認できておりません。

    自動検出の設定手順は拡張機能ページの注意事項の欄をご確認ください。
    http://goo.gl/1GJl

    2010年09月02日(木)04:07

- トラックバック - この記事のトラックバックURL