Chrowety UJP Custom Ver 0.2.1&Ver 0.2.2 アップデート

2010年06月14日(月)

アップデートから数日経過していて遅ればせながらの報告ですが^^;

Chrowety UJP Custom、アップデートいたしました!

今回のバージョンはいくつかのバグ修正を中心とした小規模な物です。
基本的に目に見えてわかる程の大きな変更はありません。

 

そんな中今回のアップデートで唯一ひとつだけ、

定型文を登録できる機能を実装いたしました。

 

Chrowety UJP Custom Ver 0.2.1 新機能設定ページであらかじめいくつかの定型文を登録しておきツイート編集時に選択して一発入力するという代物です。

この前、利用者の方からハッシュタグを簡単に入力したいという旨のコメントをいただいたのを機に実装いたしました。
知らぬ間に色々な方々に使われてる様ですこの拡張^^

猫さん。も定型文というか決まった形の文体を使う事がままあるので前から考えていた機能ではありますが、何か大きなアップデートしたついでにでもつけようかと思っていた程度だったので今まで発想だけで"将来使いたい機能"としてメモったままおざなりな状態でした。

ダイレクトメッセージタブのインターフェイスがオリジナルのままだったりしたのでその他の細かいバグ修正とそれらとを直すついでに作ってみました。
そのため少々やっつけ気味でとりあえず機能する程度の代物です。
実現してる機能の割にコードに無駄が多く、物としてちょっと恥ずかしい代物だったり^^;

登録できる定型文は最大で20パターン、文字数制限はありません。(140字制限を除く)
文字であればハッシュタグでもURLでも登録して使う事が出来ます。
一つ注意点があってハッシュタグやURLなど書いただけでTwitterの機能が働く様な文字列の場合、その文字の前後に半角スペースを入力しておかないと投稿した後に不具合が起こる事があります。

 

[ ハッシュタグの例 ]
〜です。#FF14」(半角スペース無し、わかりやすくするため背景色をつけました)
と入力して投稿した場合、Twitter側で「#FF14」をハッシュタグとして正しく扱われません。
この場合、文字列にはハッシュタグとしてのリンクが付加されますがリンク先のハッシュタグの検索結果に表示されないなどの現象が出てしまいます。

この現象を回避するには、
〜です。 #FF14」と入力すれば回避できます。
その他の機能付き文字列でも同様と思われます。(URLや@ユーザー名など)

自動的に半角スペースを入力する様に改造する事も出来ましたが使いたい定型文全てが機能付きの文字列は限りませんし半角スペースを入れるだけで回避できるのでこういう形になりました。
文末にしか入れない人は前後でなく前だけに半角スペースを入れても良いわけですし。

 

実装した後、実際に猫さん。も使ってみましたが便利だと感じております。
もっと速く実装しておいても良かったかな?w

 

それと今回はVer 0.2.1にバージョンアップさせた後、本日にもう一回アップデートしました。
リスト機能に関する不具合が発覚したのでその修正です。
修正を施しただけで本当に目立った変更はありません。

いつの間にかTwitter側でリストの仕様(API)が変わったみたいで、それまでのやり方だとリストを取得できなくなり不具合が発生してしまった様です。

仕様書も第50版が出てるみたいですね。(日本語はまだらしい)
Twitterも仕様書公開してるぐらいなら知らせてくれても良いのに・・。
まぁ知らせが来ても英語出来ないから結局日本語翻訳待ちなんですけどねw

 

さて、今後はどうしようかなー。
そろそろタイムラインの類いに手を付けてみたいところですが、未だにどのコードがどういう役割を負ってるのか今ひとつわかっていない現状(´∀`;)

むむむ、本格的にJavaScriptを勉強せねばいかんか?

まぁ、基本的にはマイペースで行きますぞっ!

という今回のアップデートでした。
それではダウンロードは以下からどうぞー。

 

DownloadsGoogleChrome extentions


タグ: / / / /

関連: 【 Chrowety UJP Customの現状と今後】 【 Chrowety UJP Custom Ver.0.2.4 リリース】 【 Chrowety UJP Custom Ver 0.2.3 リリース】 【 「Chrowety UJP Custom」に名称変更いたしました】 【 Chrowety 非公式日本語改造版、さっそくアップデート!】 【 Chrowetyを勝手に日本語化改造してみました

≫≫ 新 ≫≫

- コメント -

- トラックバック - この記事のトラックバックURL