MacBookのキーボードをデスクトップで使うTips

2011年02月10日(木)

やあ、またまた会いましたね(°ω°=)(°ω°=)

それでは早速「2010年度年末ジャンク総決算週間」2発目!
今回もまたMacBookのお話。

いえ、正確にはMacBookのキーボードのお話。

前回のMacBookの液晶修理の際、もう一つ買ってきた物があるのです。

 

MacBook キーボードトップ
[ MacBookのキーボード ]

はい。
ご覧の通りMacBookのキーボード部分でございます。
ハードオフにて1000円也。

MacBookは前回の記事の通り修理が完了しているので基本的に要らない物です。
もちろん今回↑を購入したのは修理の為ではありません。

突然ですがこのキーボード、内部でどのような接続で動作していると思いますか?
それは皆さんPCを使っているならもうおなじみの物・・・。

 

動作確認
[ キーボードはUSB接続 ]

そうです。
MacBook(2006)のキーボードはUSBで動作されているのです。

キーボードだけでなく、iSight(カメラ)、Bluetoothや赤外線(IR)などの外部デバイスはほとんど内部USBで動作されています。
MacBookのUSBポートの少なさは内部で色々なデバイスがデフォで繋がっているからなんですね。

 

で、このキーボードを購入したのは”デスクトップでトラックパッド付きキーボードを使う”というのが理由です。

 

えっ!?Magic Trackpadがあるから不要じゃん?


そゆこと言うなっ!!

 

だってまだMagic Trackpad買ってないですし・・・、こっちの方が安く上がるし。。。
それに”もしかしたら出来るかも”と可能性を感じてしまったモノはしょうがないw

と、言う訳で話を続けます。

 

内部観察
[ 内部回路とCY8C24794 ]

キーボードの裏に接着テープだけで留められた蓋がありそれを外すと内部回路が見えてきます。

AとBとマーキングされた同型のチップが2つ。
CY8C24794と書かれたはこのチップはPSoCマイコンという代物であるらしくUSBの信号に対しても単体で対応している様です。
データシートもありました。

USB入力を担当しているのは画像右側のAとマーキングされたチップでフレキ〜マザー間のコネクタから直接接続されていました。

 

USB 結線
[ USBコードをハンダ付け ]

チップの仕様も解った事ですのでUSBケーブルを繋いでいきます。
ハンダ付けは内部のチップなどから付けやすいところで結線。

と、言うよりも最初はフレキコネクタから繋げようと考えましたが間違ってパターンを剥がしてしまったので仕方なく内部配線になってしまった次第・・・。
コレで修理用としては使えなくなってしまいました。。。^^;

 

クリックボタン 有効化
[ クリックボタンを有効化 ]

で、以上でUSBに接続してみたところ見事に動作させる事が出来ました!
しかしなぜかクリックボタンが効かない。。。

色々と弄くってみたところクリックボタンから二股に伸びるフレキの長い方コネクタ端子を全部短絡させる事で有効化させる事が出来ました。
どうもこのボタンだけは一部特殊な接続になっている模様。

別にクリックボタンが効かなくともタッチクリックが出来るので要らないと言えば要りませんがせっかくなので使える様にしております。

ちなみに電源ボタンは機能しませんでした。
使っているMac miniは電源ボタンが後ろにあるので機能してくれれば最高だったのですが・・。
内部でシリアル通信か何かで個別に通信されている様です。
マザーへのコネクタはUSB以外で6ピンほど余ってましたし。

 

今回は画像だけでは本当に動作してるか解らないので動画を用意しました↓
※動画ではタッチクリックは使っておりません。

 

テンキーが使えないのは個人的にちょっと痛いですがキーボードとマウスが一つで済むので、何かと機能拡張がUSB頼りな昨今ではポートが一つ減ってくれるのは嬉しいです。
右クリック補助もあるので使用に関して何ら問題ないレベルです。(Win/Mac両方とも)
マルチタッチも有効なので二本指スクロール(上下左右)が使えますし、Windows時でのかなキーとイジェクトが使えるのでコレも嬉しいところ。

※今使ってるPro KeyboardはWindowsではかなキー、イジェクトは効かない。

 

唯一難点なのは媒体(下部)がないので設置が安定しません。
足場を別に作ってあげないといけませんがそれはまた今後考えます。

ちなみにこの業ですが海外でMacBook Proでやっている方がいました。
同じ事考える人はやっぱどっかにいますね〜w
現行機種ではガラスコーティングで滑り良いしパッド全体でクリックできるのでそっちの方がカッコ良くなりそうですね。

BootCamp用ドライバがあればDos/Vオンリーな環境でも使えるかもしれないです。


タグ: / /

関連: 【 MacBookの液晶交換】 【 新MacBook、Mac mini、iMac発表!】 【 WWDC 2009が終わり・・・】 【 うむ〜・・アップル・・・

≪≪ 古 ≪≪

- コメント -

- トラックバック - この記事のトラックバックURL